感染を防ぐために性病を予防する

性病には誰でもかかりたくありませんが、性病を予防する最も良い方法はなんだかわかりますか?

それは、性行為を行わないということです。

なーんだそんなの誰でも知っているよというかもしれませんが、予防もそれと同じことなのです。しかし、現実的には男女ともに性欲というものがあり性行為は人間の生存に関して必須というわけではありませんが、生活を充実させるためには必要なことです。

これを性病が怖いからといって止めるこということは、生きている意味さえ考えるようなことにもなりかねません。

パートナーを決めることが最重要

では、現実的に性病を予防するにはどうするのがいいのでしょうか? それは、よくわからない人とはセックスをしないことです。

よくわからないというのは、素性をしらない、連絡先を知らない、一度や二度しかあったことのないような人です。そういう人は、性病があるかどうか聞くこともできませんし、万一性病をうつされてもそのまま連絡もつかずということにもなりかねません。

逆に、恋人としてよくわかっているパートナーとだけ性行為することで相手の体調や変調を知ったり、性行為の際に今コンドームを付けてもらうなど話合いもできるので性病にかかる割合は確実に減ります。

万一そのパートナーが性病だったとしても、お互いに治療すれば二度とかかることもないので安心できます。

重要なのは言い合える関係

初めての場合は言いにくいかもしれませんが、コンドームをつけてもらうというのは重要なことです。コンドームをつけることでほとんどの性病を回避できます。当然、のどに感染するものもあるので100%うつらないとは言えませんが、大きく感染の割合を減らすことはできるでしょう。

のどに感染する性病を予防するには、フェラチオなどのオーラルセックスをしないということです。ここでも、相手がよくわからなくて本心を言えないと断りづらい雰囲気になってしまうのでよくわかっている人の方がいい理由にもなります。

ある研究データでは性行為を行う相手が多い人ほどコンドームの使用率が低いとされています。そういうこともあって、これらの人は性病に感染している確率が、ふつうの人に比べて高いということになります。

万が一性病に感染してしまったら

相手がどんなに信頼できる人でも、性病が絶対に防げるというわけではありません。性行為以外の浴場で感染してしまう性病などもあるためです。

万が一性病になってしまったら、相手を責めるのではなく冷静に話し合いましょう。相手が不特定多数と性行為をしているのならお互いのためにもやめてもらう、心当たりがないのならば同時に治療することで性病を治すなどの対応が必要です。

最近では、郵送の性病検査キットなども人気があるのであやしいなと思ったら性病の検査キットを使用することでもいいでしょう。

よくわかる性病検査キットの選び方

ただし、すでになんらかの性病の症状が出ている場合は検査キットではなく病院に行きましょう。すぐに治療ができますので安心です。

コメントは受け付けていません。