イソフラボンから作られる注目の成分

最近注目を集めている成分

大豆イソフラボンから作られる成分である、エクオールが最近注目されています。

このエクオールは、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をもたらします。その働きは大豆イソフラボンよりも優れていると言われており、女性の体調を整えるのに非常に効果的です。

エクオールは、もともと人間が自然に発生させる成分です。しかし、腸内細菌であるエクオール産生菌が活発に動いていない方やエクオール産生菌がいない方もおられます。

すると、食事によって摂取したイソフラボンをエクオールに変換する事ができないので、イソフラボンのまま吸収されます。

エクオールを作る事ができる方はどれくらいいるのか

エクオールを作る事ができる方は、外国人の方で20%から30%、日本人は50%から60%いると言われています。

またエクオールを作る事ができる方の割合が多いのは、日本や中国、韓国など食生活で日常的に大豆をよく食べる習慣がある地域だと判明しています。

その為、エクオールを作る体質は日常で摂取する大豆の量や食生活による腸内環境が理由になるのではないかと考えられています。しかし、日本人のエクオールを作る事ができる方の割合は10代や20代ではかなり低下しています。

その割合は、20%から30%まで低下していると判明しています。これは、若年層の食生活が変化してきている事が大きな理由となっています。

エクオール産生菌を維持するには

エクオール産生菌を体内に維持する為には、腸内環境を整える必要があります。

腸内環境を整える為には、食物繊維を豊富に含む食事を心掛けます。食物繊維を多く含む食材は、根菜や海草、キノコなどです。エクオール産生菌を保持する為には、日常的に豆を摂取する事も心掛けましょう。

日本政府が示す豆の目標摂取量は100gとなっていますので、日々の食生活のなかで積極的に大豆を取り入れる事が非常に大切です。また、乳製品や緑茶、魚油などをよく摂取する方もエクオール産生菌を多く持つ方であると研究結果がでています。

コメントは受け付けていません。