イソフラボンの安全性について

大豆イソフラボンは特定保健用食品

日本には、消費者庁長官の認可を受けた食品について特定保健用食品の表示が許可されています。

特定保健用食品に選ばれる為には、食品に含まれる成分の安全性と有効性の審査に通過する必要があります。大豆イソフラボンは、2006年にその成分が骨の健康維持に適した食品として科学的に証明されています。

大豆イソフラボンの1日における総摂取量は、1日に70mgから75mgが上限とされています。また、特定保健用食品で補助的に摂取する場合の目安は30mgとなっています。しかし、上限値をこえて摂取しても健康被害が発生するものではないと合わせて発表されています。

日本人は平均でどれくらいのイソフラボンを摂取しているのか

日本人のイソフラボンの摂取量は、1日平均で16mgから22mgと言われています。

これは、国が定めた1日の摂取上限からすると大変少ないです。海外の研究では、不妊治療の為に摂取上限目安の約10倍近いイソフラボンを毎日摂取しても、健康に問題がないと言う結果が発表されています。

日本だけではなく大豆を多く食べる地域では、がんで死亡される方や骨密度が低い方が少ない事が世界保健機構の調査で確認されています。

この事からも、イソフラボンは私たちの健康を維持する為にかかせない成分であると言えます。豆腐や納豆だけでなく、日本の調味料である醤油や味噌にもイソフラボンは含まれています。

イソフラボンの骨に対する影響

特定保健用食品の審査でも、骨の健康維持に対するイソフラボンの効果が認められています。

更年期の女性の病気には、骨粗鬆症が多く見られます。イソフラボンは、骨粗鬆症の予防にも有効であると言われています。エストロゲンはカルシウムの流出を防ぐ働きをしていますが、加齢によって減少してしまいます。

そこで、食事やサプリメントなどでイソフラボンを摂取し、カルシウムの流出を抑制します。海外の方と比較すると、日本人の骨粗鬆症の割合は少ない言う調査結果がでています。

その理由は、日本人が日々の食生活でよく大豆を摂取することが関係しているのではないかと言われています。

イソフラボンで下痢になることがある?

たまに問い合わせで見るのが、「豆乳をたくさん飲むと下痢になりますか?」といった質問です。

イソフラボン自体には、下痢を誘発するような成分は含まれていないのでイソフラボンが原因ということは考えにくいです。

下痢についてはこちらを参照

豆乳ということであれば、豆乳は未発酵食品なので消化があまりよくない食べ物です。もともと胃腸が弱い人であれば多く飲むことで胃腸が苦しいとなることはありえるでしょう。

また、日本豆乳協会によれば豆乳のような消化が悪い食品で下痢になるのは「クラス1食物アレルギー」と呼ぶということです。

大豆も、このクラス1食物アレルギーの食品なのであまり多く摂りすぎると下痢になることはあるかもしれません。

日本豆乳協会

コメントは受け付けていません。