イソフラボンは女性の更年期障害の予防になる

イソフラボンの働きと似ている女性ホルモンとは

ピンクリボンイソフラボンを調べていると、エストロゲンと言う女性ホルモンの名前がよく登場します。

これは、イソフラボンがエストロゲンとよく似た働きをする事が理由です。女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンが存在します。

これら2つのホルモンは、それぞれのバランスを変えながら女性の身体に影響をおよぼします。女性ホルモンのバランスは、生理や妊娠、出産などにも影響します。エストロゲンの働きは、女性らしい身体や子宮の内膜を厚くします。

また、自律神経や骨、皮膚、脳の働きにも関わっています。さらに、基礎体温を下げる作用もあります。プロゲステロンの働きとしては、女性の子宮内膜に受精卵が着床しやすいように整え、妊娠を継続する力を高めます。

また、水分保持や食欲増進の働きもあります。さらに、基礎体温を上げる作用も備わっています。基礎体温の高温期にプロゲステロンが分泌され、低温期にはエストロゲンが分泌されています。

女性ホルモンの働きについて

イソフラボンと同じような働きがあるとされているエストロゲンは、さまざまな働きをしています。例えば、肌や髪の毛の潤いを保ってくれます。

また、気持ちを明るくし、記憶力を高める効果もあります。さらには、血管や骨を強くし、善玉コレステロールを増やす働きもあります。基礎代謝を促し、脂肪を燃焼させる効果もあると言われています。

プロゲステロンの働きは、乳腺や子宮内膜、子宮筋を整えています。また、血糖値や体内の水分量を正常に保持する働きしています。食欲や睡眠、気分などにも影響を与えます。

女性ホルモン量の変化について

女性ホルモンが女性の体内で作られ始めるのは、生理が開始する頃です。その後は、徐々に分泌量も増えていき20代から40代前半が最も分泌量が多いとされています。そして、50歳を迎える頃から分泌量は徐々に減っていきます。

すると、女性ホルモンの働きによって支えられていた健康に対する働きかけも弱くなっていきます。それを補う為に、エストロゲンと似た作用を持つイソフラボンが役立ちます。

子宮に受精卵が着床しにくい方にはイソフラボンは最適

イソフラボンは、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの一種にとても似た働きをもたらすということで注目されています。エストロゲンの働きには、子宮内膜を厚くし着床を促す作用があります。

現在では受精させる為の方法はさまざま増加していますが、着床に関しては個人の方が子宮環境を整えるしか方法がありません。着床には、細胞間情報物質の分泌が重要な役割を果たしています。

アグリコン型イソフラボンを摂取すると、細胞間情報物質の分泌を促進する働きがあります。また、子宮に受精卵が着床する為に子宮と受精卵がひっつく物質が増加する事も判明しています。このような作用から、イソフラボンは不妊治療でも着目されています。

女性ホルモンの妊娠への役割

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンと言う2種類のホルモンがあります。この、2種類のホルモンがバランスを取りながら身体にさまざまな影響を与えています。

妊娠への役割では、エストロゲンが卵胞の成長や排卵の促進などに作用しています。また、プロゲステロンは生理周期を整え妊娠の持続を助ける役割を担っています。エストロゲンは30代なかばから減少が始まるので、妊娠にも影響が出てきます。

また、その頃からホルモンバランスが乱れる事で、身体にさまざまな影響を与えていきます。

イソフラボンのその他の妊娠に関する効果

アグリコン型イソフラボンは、エストロゲンが少ない時にはその働きを助けます。しかし、エストロゲンが多く分泌されている時は、その分泌を抑えてくれる効果もあります。

イソフラボンには、この様にホルモンのバランスを整える効果もあります。その為、妊娠しやすい身体作りに最適な成分です。また、イソフラボンを摂取する事で子宮への血流が増加する事も確認されています。

さらに、細胞の生まれ変わりや活動を妨げる酸化を抑制する効果も期待できます。不妊に悩んでおられる方は、イソフラボンを日常的に摂取して妊娠しやすい身体へと変化させていきましょう。

大豆製品を食べ過ぎると母乳に影響があるの?

母乳で育児をしていると、脂っこいものを食べられないので自然と大豆製品が多めになります。イソフラボンは過剰摂取の問題があるのですが、どの程度ならとってもいいのでしょうか?

イソフラボンは配糖体なので、イソフラボンアグリコンで換算すると約半分程度の計算になります。豆腐100g中の大豆イソフラボンは約40mgですが、イソフラボンアグリコンに換算すると23mg程度となります。

大豆食品は低脂肪、植物性たん白質、カルシウムといった栄養素を多く含むので食べることに問題はないようです。

参考:http://haji-koso.com/

女性の更年期障害の原因や症状について

女性の更年期
女性の更年期の症状は、40代なかばから始まる事が多いと言われています。その原因は、卵巣機能が衰え女性ホルモンの分泌が減少する為におこるとされています。

しかし、女性の更年期症状はその症状の程度やはじまる時に個人差があります。更年期障害は、ホルモンバランスの乱れが原因でおこる身体や精神の不調です。

エストロゲンは減少しますが、その他のホルモンは増加します。すると、ホルモンバランスが乱れ体温調節が難しくなり、大量の汗をかくなどの症状が現れます。最近では、若年性更年期障害と言い30代でも症状があらわれる場合があります。

更年期障害の症状について

女性の更年期障害の症状は、個人によってさまざまな症状があらわれます。まったく症状があらわれない方もいれば、症状が重く日常生活に支障がでる方もおられます。

代表的な症状には、ほてり、のぼせ、動悸、多汗などがあります。また、めまい、だるさ、むくみ、冷えなどの症状が出る方もおられます。

さらに、慢性的な肩こり、腰痛、手足のしびれなどの症状があらわれる方も存在します。他にも、月経異常、不正出血、吐き気、嘔吐、食欲不振などの症状も多くの方から報告される症状になります。

更年期障害は身体的な症状だけでなく、いらいらしたり、不安になったり、意欲がわかなくなったりする精神的な症状も報告されています。

エストロゲンが減少したらイソフラボンで補充しましょう

エストロゲンの減少は、加齢によって自然におこる事なので止める事はできません。その為、エストロゲンとよく似た働きをするイソフラボンを補充して、更年期障害の症状を緩和させましょう。

イソフラボンにも種類があり、大豆胚芽から抽出されたイソフラボンを摂取するとより効果的に作用します。なぜなら、大豆胚芽から抽出されたイソフラボンは、エストロゲンにより似た働きをするとされているからです。

日常的にイソフラボンでエストロゲンの不足を補い、ホルモンバランスを整えていきましょう。

女性ホルモンと骨の関係

さらにイソフラボンには女性の体を密接な関係があります。それは、体内で発生する女性ホルモンは、加齢により減少していく事がわかっています。

私たちの身体は、体内で作られるホルモンによってさまざまな影響を受けています。健康の維持には、ホルモンの働きはかかせません。

大きな影響を受けるのが、更年期の骨の形成です。若年時は骨のカルシウムが流れだすのをホルモンの働きによってとどめる事ができ、骨が新しく生まれ変わるサイクルも整えられています。

しかし、更年期になると骨内にカルシウムを上手くとどめておく事ができず流れだしてしまいます。また、骨形成のサイクルも乱れ、新しい骨がうまく作りだされなくなります。

それが、骨粗鬆症の原因のひとつとなっています。イソフラボンは骨からカルシウムが流れだすのを抑制し、骨形成を促進させる働きをしています。

女性ホルモンが減少は関節痛にも影響を与える

女性ホルモンが減少すると骨の生まれ変わりが乱れ、新しい骨形成が古い骨形成においつかない状態になります。すると、関節の骨破壊が促進されている場合があります。

また、女性ホルモンは軟骨形成に関わるコラーゲンの生成や水分保持にも大きく関わっています。健康な軟骨は、関節の動きを滑らかにし衝撃を和らげる働きをしています。

その為、軟骨がすり減ってくるとひじや腰、ひざなどに関節痛が多く発症します。また女性は、男性に比べて関節痛になる確率が高いとされています。それは、関節の面積が小さく一箇所にかかる負荷が男性よりも大きくなりやすいからだと言われています。

骨のカルシウム維持にもイソフラボンを摂取しよう

体内にあるカルシウムは、骨の中にほとんどが存在します。その他のカルシウムは他の組織や血中にあり、身体の中のいろいろな臓器細胞を働かせています。

しかし、血中のカルシウムが不足していると、骨からカルシウムが溶けでてしまいます。その為、カルシウム摂取量が少ない方は骨からカルシウムが血液へ流れだす状態が継続する事になります。

すると、骨内のカルシウムが減少していき、骨の新陳代謝に悪影響を与えます。イソフラボンを日常的に摂取し、カルシウムが不足しない様に心掛けましょう。

コメントは受け付けていません。