ノコギリヤシとイソフラボンで育毛効果

ノコギリヤシとイソフラボン。この2つの成分は育毛によい成分として知られています。

では、この2つを同時に摂取した場合には育毛効果がもっとよくなるのか?今回は、ノコギリヤシとイソフラボンの育毛効果について調べていきます。

ノコギリヤシの育毛効果

まずは、ノコギリヤシの育毛効果から説明します。ノコギリヤシは、もともとはアメリカの南西部にしか自生していない植物です。名前の由来は、葉っぱがギザギザしているため、そうノコギリに似ていいるということですね。

ヤシの木は大抵は背の高い木が主ですが、ノコギリヤシは背の低いのが特徴です。

ノコギリヤシの育毛効果

ノコギリヤシには、男性ホルモンにある5αリダクターゼが発生するのを阻止する作用があります。そのため、本来は前立腺肥大症の予防や治療などに使われています。実際にヨーロッパでは医薬品として認められているほど効果が確かです。

育毛にいいと言われているのは、AGA(男性型脱毛症)の原因であるDHTの元の成分だからです。

男性のハゲの原因のほどんどが、AGAが原因で起こると言われています。AGAは頭皮や毛穴がつまってなどの影響ではなく、人体からの分泌の影響が関係するので対策が難しいのです。

男性は、男性的な体を作る際に「テストステロン」という物質を体の中でつくっています。

イソフラボンの特徴と効果

では次にイソフラボンについてですが、イソフラボンは大豆に含まれるポリフェノールの一種です。しかも、大豆1粒の中にはイソフラボンが多く摂れないという貴重な成分です。

イソフラボンには2種類あって、「グリコシド型イソフラボン」と「アグリコン型イソフラボン」です。アグリコン型イソフラボンは、分子が大きいので体内に吸収されにくく、豆腐や豆乳に腹案れているのはこっちです。

もう一方の「アグリコン型イソフラボン」は、分子が小さく、吸収されやすいイソフラボンで醤油やみそに含まれています。

イソフラボンで育毛

イソフラボンと言えば、女性ホルモンを思い出しそうですが、女性にいいのは更年期障害の予防や骨粗鬆症の予防、美肌効果などが認められているためです。その理由は、イソフラボンがエストロゲンという女性ホルモンに分子の構造が似ているためです。

女性ホルモンのエストロゲンは、男性ホルモンの分泌を抑えるのでAGAの抑制に効果がでると期待されています。

ノコギリヤシとイソフラボンを同時摂取で効果が増える?

では、ノコギリヤシとイソフラボンを同時に摂取した場合には、効果がさらに増えるのかというとそれは、まだわかっていません。言えることは、この2つの成分の効果が似たようなものなので、悪い効果はでないかもしれないが、効果が重複するので思ったほどの効果はでないかもしれないということです。

しかし、イソフラボンは過剰摂取の問題があるのでサプリなどから摂取はしない方がいいかもしれません。豆腐や豆乳、納豆などの自然食品から摂った方がいいでしょう。

一方でノコギリヤシは自分で手に入れることはできません。ノコギリヤシのサプリメントに頼ることになるでしょう。ノコギリヤシのサプリメントについては、以下のサイトを見てください。頻尿と育毛に分かれて掲載されています。

ノコギリヤシ サプリメントの比較ガイド

ノコギリヤシのサプリを摂取するときの注意点としては、抽出方法を超臨界抽出法のサプリを選ぶことです。抽出法が超臨界でない場合は、ノコギリヤシの成分を十分に摂取できない場合があります。 参考:http://playwarz.net/

コメントは受け付けていません。