イソフラボンの美肌やダイエット効果

イソフラボンには美肌効果も期待できる

イソフラボンには、美肌効果もあります。その理由は、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするからです。エストロゲンは、細胞がコラーゲンやヒアルロン酸を作りだす働きを促しています。

コラーゲンやヒアルロン酸は、肌が潤い美しくなる為に働いています。イソフラボンはエストロゲンの不足を補いますので、美肌効果が期待できます。

さらに、イソフラボンはポリフェノールの一種ですので高い抗酸化作用があります。つまり、紫外線やストレスなどの刺激から守ってくれます。体内で活性酸素が増加すると、肌細胞を攻撃し、コラーゲンが破壊され潤いやハリが失われます。しかし、イソフラボンの抗酸化力で活性酸素の発生自体を抑制できます。

イソフラボンは若返りも期待できる

イソフラボンは、DHEAの血中濃度を高くする作用があります。DHEAは、デヒドロエピアンドロステロンの略で副腎と呼ばれる場所で作られるホルモンの一種です。このホルモンは、肌や筋肉、骨などの健康を保っています。

また、脂肪をつきにくくし、免疫力を向上させる働きをしています。DHEAは、6歳頃から増加していき20歳頃が最大の分泌量となります。分泌量は、加齢とともに減少していきます。

しかし日本では、DHEAを医薬品として扱っているのでサプリメントは市販されていません。そこで注目されているのが、イソフラボンの摂取です。アグリコン型イソフラボンを数カ月摂取すると、DHEAが3倍に増えると言う調査結果もでています。

イソフラボンにはダイエット効果もある

加齢により女性ホルモンのエストロゲンが不足すると、皮下脂肪よりも内臓脂肪が増えておなかまわりに脂肪がつきやすくなります。

内臓脂肪は、血液をどろどろにして糖尿病や高脂血、動脈硬化などの原因にもなります。イソフラボンは、脂肪細胞を分化することで小さくする働きがあります。

また、脂肪の燃焼を促進する効果もあります。さらに、体脂肪や内臓脂肪の減少させつ効果も研究によって判明しています。

コメントは受け付けていません。